鬱診断を活用して自分の状態をチェック【早めに精神科で診断】

サイトメニュー

産後の精神的負担

聴診器

カウンセリングでの治療法

うつ病の中でも、出産後に発症する産後うつは現在たくさんの人がかかり、その症状の重さによって入院する人もいます。せっかく赤ちゃんが産まれ、これから育てていく親が出産後産後うつと診断され、すぐに入院してしまえば子育てすることができなくなります。なぜ出産後に精神的な病にかかってしまう人が増えているのか問題視している人も出てきていますが、それにはホルモンバランスの乱れが影響しているのではないかと考えられています。もし病院で診断されれば、症状が軽減されるとみられる方法で治療していきます。しかし産後の経過を産婦人科の医師に伝えたのに、精神的な症状に対処してくれなかったという患者もいます。実は精神的な病は、産婦人科で診てもらえるわけではありません。そのため、ちゃんと相談を受けてくれなかったと医師を批判する患者もいますが、精神的なものは心療内科か精神科となっています。しかしだからといって症状を伝えてはいけないというわけではありません。産婦人科で相談することで精神科を紹介してもらえることもあるため相談することは大切です。もし、精神的な病と診断されれば、精神科や心療内科ではその費用も保険が利くため、おおよそ1回の診察で2000円から5000円といわれています。産後うつの場合は、もちろん症状を軽減するための治療を行います。主に薬物療法で治していくのが一般的となっていますが、最近ではカウンセリングを行い精神的な負担を少なくする方法も取り入れられることもあります。カウンセリングは病院で診断を受け、医師から精神科を紹介され、カウンセリングからストレスを感じる原因を理解し、改善に向けてサポートしていく方法です。しかし患者の中には、精神科を紹介されることに抵抗を感じる人も多く、なかなか紹介しても進んでカウンセリングを受けてもらえるわけではない場合もあります。確かに精神科となれば、精神的におかしくなってしまった人が通院するイメージが強く持つ人も少なくありません。自分自身がその一員になることに拒む気持ちが出てくるのもあり、なかなか受け入れられない人もいるわけです。そのためには、ちゃんと精神科がどのようなところなのか安心させてくれる説明をしてくれる医師から診断を受けることが望ましいといえます。カウンセリングを行う精神科では、産後うつになってしまった患者が今後ちゃんと子育てをすることができるようにサポートするために相談を受け、症状を軽減していくためにあるところです。カウンセリングを受けることにより、早く治すこともできるようになります。