鬱診断を活用して自分の状態をチェック【早めに精神科で診断】

サイトメニュー

専門医に判断してもらおう

男性

目的に合った条件で選ぼう

心に問題を抱えていて、元気がなければうつ病も疑われますが、この病気の診断基準には幾つかのポイントがあります。特に注視されるのが、抑うつ気分が2週間以上持続しており、物ごとへの興味や喜びを失っていることです。これらの症状が1つでもあれば、精神科や心療内科では、うつ病と診断するケースが多くなっています。さらに、食欲の増減による体重変化や睡眠障害の有無など、典型的な症状が一定以上現れていれば、その確率は一層高くなるのです。また、日常生活における行動変化も重要ポイントになり、イライラ感が増して衝動的な行動が増えた際も、発病したと判断される場合が少なくありません。そのほか、不安が強くなればパニック発作を併発することもありますから、病院では出現症状も加味して総合的に判断してくれます。これらは基礎知識の一部に過ぎませんので、該当する症状がある時や、気になる不調がおありなら、精神科でキチンと診断を受けるのが大切です。中には精神症状が見られず、頭痛や発汗、ならびに息苦しさなど、身体症状だけが現れることもあり、この場合は仮面うつ病と診断されるパターンが多くなっています。精神疾患が伴っていなければ、メンタルの病気と診断されても納得できないかもしれませんが、うつ病にはこのようなタイプもあることを、豆知識として覚えておきましょう。少ない待ち時間でうつ病診断を受けたければ、完全予約制の精神科を探すのが効果的です。診察枠がしっかり管理されており、大抵定刻通りに診察が始まりますから、待合室で過ごす時間を短縮できます。しかし評判のクリニックでは予約が埋まっているため、受診がひと月先になる場合も珍しくありません。それまで待てるなら構いませんが、1日でも早くうつ病診断を受けたい時は、予約が取りやすい病院か、予約が要らない精神科を選ぶのが良策です。また、仕事や学校で昼間は通えない場合、20時でも診療しているなど、営業時間を基に探すと良いでしょう。そして、治療も前提にして診断先の病院を選ぶなら、医師とそりが合うかどうかも選定基準に加えてください。例えば、深刻な話を聞くとストレスを感じて嫌であれば、楽観的な性格の精神科医が魅力的になります。反対に、あまり楽観的なことばかり言われると、かえって不安になる場合なら、慎重論をとなえる医師を選びましょう。本を出している精神科医も多いので、著書を読んで共感した医師が通院圏内におりましたら、そちらへ訪れるのも名案です。そのほか、女性の場合は女医が診てくれる精神科や、レディースクリニックを選びますと気軽に通えます。