鬱診断を活用して自分の状態をチェック【早めに精神科で診断】

サイトメニュー

分からないことは聞こう

鬱

健康な暮らしを取り戻せる

これといった副作用がなく、うつ病や統合失調などを数値的なデータで判定できるのが、光トポグラフィーを使ったうつ病診断です。しかし受けられるクリニックが少なく、自費扱いの精神科も多いため、その点には注意しましょう。ですから健康保険を使って受けたい時は、前もって保険適用の有無を病院にお確かめください。また、光トポグラフィー検査の判定率は100%ではなく、あくまで補佐的な診断材料となっています。そのほか、うつ病診断を受けに精神科へ行く際、医師に聞きたいことが色々あっても、診察が始まった瞬間に忘れるケースも少なくありません。もしくは、医師と会話を進める間に話がそれてしまい、聞き忘れる場合も多々見られます。そこで、医療機関に訪れる時は、聞きたいことを書いたメモを持って行くのが得策です。この点に留意しておけば、聞きそびれることも減るので、質問事項はメモに書き留めておきましょう。そして、うつ病診断を受ける場合、特に気を付けておきたいのが、診断結果などの説明で不明点があれば、分かるまで尋ねることです。医師は専門用語を織り交ぜて話すこともありますが、聞けば大抵分かりやすい言葉で言い直してくれますから、遠慮する必要はありません。その人に合った治療方法でうつ病を治せることから、精神科や心療内科でのうつ病診断が評判です。抗うつ剤は種類も多いのですが、その中から効果があり、尚且つ副作用の少ない種類を選び抜いてくれるので、安心して治療に取り組めます。薬物療法によって辛い症状を取り除き、元気な毎日を取り戻すために、大勢の方がうつ病診断を受けられているのです。また、診断結果によっては心理療法も案内され、薬物治療と心理療法の相乗効果で、より優れた回復を目指せます。病状が良くなれば辛さが影をひそめるだけでなく、その人が本来持っていた魅力や能力も自然と舞い戻り、笑顔で暮せるようになるのです。うつ病によって失われていた喜びや自信も復活するため、休職していた場合でも職場復帰が視野に入ってきます。そのほか、診断によって病名が確定すれば栄養指導も受けられるなど、食生活を含めて包括的に改善を目指せるのも人気の秘訣です。例えば症状の回復を早める食べ物や、逆に症状を悪化させる食事内容なども教えてくれるので、薬物治療のさらなる成果も期待できます。病院での治療は医師の診断からスタートするため、心の疾患でお悩みの際は我慢せず、何れかの心療内科や精神科を受診しましょう。